ユニットバスの排水管や水漏れトラブルを防ぐためのポイント

ユニットバスの排水管や水漏れトラブルを防ぐためのポイント 日頃生活するにあたり風呂場の使用は欠かせませんが、賃貸物件などでユニットバスを使用している所もあります。ユニットバスは、トイレや洗面台など水回りのものが概ね一か所に詰まっている状態です。そのため、排水管も複数の構造ですから水漏れなどで水道 修理が必要な場合も、原因を見つけることが難しいです。しかし、たとえ複雑な構造をしたユニットバスでも知識を得ておくと、慌てることがありません。

■ユニットバスで水のトラブルが起きる仕組み

ユニットバスには生活場面で使用するトイレや浴室が集まっているため、排水管の水漏れなどで水道 修理が必要となる可能性も増します。
蛇口の場合、ポタポタと水漏れが起こる原因はナットやバルブの緩みが一つです。専用の工具があれば、自分で水道 修理することも可能ですが配管が古い場合などは破損の原因になりかねません。特に賃貸物件の場合は、二次被害や損害賠償の原因となりますから管理会社へ修理の依頼をしましょう。
部品の観点からですが、シャワーヘッドや浴槽のひび割れなどがあります。経年劣化したり外からの強い衝撃に伴い、トラブルの原因になります。また、トイレが原因となる場合もあります。タンクからの水漏れや便器の連結部分の劣化があります。近年ではウォシュレットを使用している所もありますが、機器のトラブルも要因の一つです。各種水道 修理が必要ですが、軽度のものでなければ専門業者に確認することが必要です。

■排水管の水漏れは水道 修理にて見つけにくい場所
排水管の水漏れは、毎日使用するユニットバスであっても原因を見つけることが難しいです。床が水浸しになったり、水道料金が上がったり、各箇所ちょろちょろと水が止まらないなど何らかの症状がでなければ、トラブルが起きていることに気付くことができません。
床のタイルの間はコーティングが施されており、水の浸入を防いでくれますが年数が経てば劣化が生じます。災害などでひび割れが生じた場合も、水漏れが発生しやすくなります。賃貸物件の場合は定期的なメンテナンスをしているため問題が起きることはほとんどありませんが、自分で所有している住宅の場合、管理の責任は自分自身にあります。そのためリフォーム会社などに依頼したうえで気になる箇所があればメンテナンスをすることでトラブル回避に繋がります。
ユニットバスで入浴をした際、髪の毛が蓄積されて排水管に詰まった場合もトラブルの原因になります。パイプ洗浄剤を使って排水管を定期的に清掃することは、衛生面を清潔に保つ為にも必要です。

■排水管や水漏れ水道 修理を行なう場合

ユニットバスを水道 修理業者に依頼するにあたっても、二次被害を防ぐための対策は必要です。まず、止水栓を締めておくことで水漏れが止まり、蛇口にトラブルがあって交換する場合でも水が噴射することはありません。排水管トラブルの場合、周辺をタオルで巻くと良いです。バケツや風呂桶で水を受け止めておくことでも、二次被害を防ぐことが出来ます。
機器の観点からでは、シャワーホースの場合はビニールテープで管を止める方法があります。浴槽やトイレ便器の場合は、市販のシーリング剤を用いて補修することも可能です。しかし、それぞれ応急処置の範囲でしかありません。特に賃貸物件の場合は、補修をする際にもトラブル回避の為に予め管理責任者に相談した上で行わないと、損害賠償を請求されかねません。

■まとめ
ユニットバスは、生活で必要な水回りの機器が複数備わっています。排水管をはじめ設備の定期的な清掃やメンテナンスにより、水漏れなどのトラブル回避になる上衛生面も清潔な状態になります。水道 修理業者に依頼する場合も、応急処置の知識があることで冷静な対処に繋がります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース